ユーザー車検とは

私たちは自家用車や自分名義の営業車を所有していると、定期的に車検と呼ばれる継続検査を運輸局などで受けなければなりません。今までは多くの場合この車検は自動車のディラーや修理工場に一任していましたが、その費用が高額であり、経費を節約するためにーユーザー自身が自分の自動車を整備して車検を受ける、いわゆるユーザー車検が増えています。そのためのガイドブックや車検にパスするための手引きなどがインターネット上にも出てきています。すなわち、マイカーなどの整備を自分で行い、それを運輸局なり指定された検査場へ持ち込んで、その自動車に不具合なところがないかの検査を受けるわけですが、これであれば誰しもが高額だと感じる車検費用が大幅に軽減されます。

多くの場合、自動車のユーザーは日頃愛車の手入れに余念がありませんから、マイカーのことは熟知していて修理工場よりも詳しいので、車検にパスする確率は高くなります。ユーザー車検の利点は高い整備費を支払わないで済むことに尽きますが、車検場への往復もマイカーでできますから、自分の都合が良いように動くことができます。また、車検に必要な書類の作成も自分で作れますから、行政書士などに依頼する経費を浮かすこともできます。なお、ユーザー車検で注意しなければならないのは、車両の改造で、この場合は不合格になります。

当サイトでは、ユーザー車検の流れ及び不合格になる点などに合わせて、ユーザー車検のメリットについて説明をします。

ユーザー車検の流れ

ユーザー車検の一般的な流れを以下に示します。 これらの中には省略が可能な部分もありますが、検査場の近くには施設の検査場があり、ユーザー車検の客の呼び込みが盛んです。ユーザー車検では、最初に検査場を・・・

不合格になる場合

ユーザー車検は自動車ディラーや修理工場へ整備を依頼する経費が節減できますが、自分なりに良かれと思った整備が車検不合格になることがあります。なお、新規検査や構造等変更検査は、管轄する運輸支局や自動車検査登録事務所での受検しかできませんが、予備検査や継続検査・・・

ユーザー車検の利点

マイカーを所有している場合、車検は面倒でも定期的に受けなければなりませんから、その為の費用をあらかじめ準備しておかなければなりません。しかし、マイカーの維持費はどうしてもかかりますから、できることなら車検に必要な経費を節約したいものです。そのためにユーザー車検があると言え・・・